低炭水化物でダイエットをする方法

炭水化物の摂取量を抑えることで体脂肪を減らすという、低炭水化物ダイエットが注目されています。どういった方法で、低炭水化物ダイエットをすると効果があるでしょう。一般的には200~300グラム一日に取り入れていた炭水化物を、1/10程度にまでカットします。体脂肪は炭水化物から糖になったものの余剰ぶんなので、炭水化物を減らすことは脂肪を増やさない意味があります。

 

第1段階として炭水化物を1日20gに制限します。2週間続けることで、体内に残っている炭水化物エネルギーがすべて消費されます。第2段階に入ったら、炭水化物の摂取量を少しずつ増やしていきます。こまめに体重をチェックして、どのくらい炭水化物を増やしたら体重が増えたかを確認します。炭水化物の量を戻す際には、野菜メインの食生活になるように注意をします。いきなり白いパンやうどんなど、炭水化物の量が多いものを食べないように気をつけましょう。

 

炭水化物量が少ないチーズ類などの乳製品、肉類、魚貝類、卵なども食事で摂取することができます。糖分、アルコール分、カフェインを含有する飲み物は避けてください。体重を想定通りに減らせたら、体重が安定する程度に食事を戻します。体重が増加しないようにする為には、白米や砂糖を使ったお菓子などは厳禁です。炭水化物のダイエットをする場合には水分をたっぷりと摂り栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。

 

 

 

コメントは受け付けていません。