ダイエットと炭水化物について

a0960_001873

 

ダイエットを目指している人からすれば、炭水化物を含む食材は好ましくはないといいます。肥満の理由に、炭水化物と糖分摂取があるためです。カロリー過多な食事をした場合、余剰エネルギーは脂肪となってためこまれ、いつか必要になる時のためにと残されます。

 

エネルギーを脂肪という形に変える際に体の中で活動しているのがインシュリンです。インシュリンは血糖値が上がると分泌されるホルモンです。血糖値が上がれば上がるほどインシュリンが大量に出るので太ってしまうのです。血糖値は肉を食べたときよりも、炭水化物を摂ったときのほうが急上昇するといわれています。脂質を摂取しても、血糖値の変化はゆるやかです。体内で糖になり、血糖値を上昇させる効果がある炭水化物は、ダイエット時は特に気をつけるべきだといえます。炭水化物は、主食として身近な存在にあります。ごはん、パン、うどん、そうめん、パスタなどは、お腹がすいた時に多く食べてしまいやすいものでしょう。

 

ダイエットをしている時の食事では、炭水化物を控えるよう心がけましょう。炭水化物少なめの食生活をすることが、ダイエット効果につながります。炭水化物を控えることによってダイエットする方法である炭水化物ダイエットも人気のダイエットのひとつです。食事全体のカロリーにしばられることのない炭水化物ダイエットを実践する事で、ダイエットに成功している人も大勢います。

コメントは受け付けていません。