炭水化物ダイエットの注意点

炭水化物の摂取量を少なく抑える炭水化物ダイエットが、最近注注目されています。炭水化物ダイエットをする上で、気をつけるべきことは何でしょうか。脂肪を効率的に燃焼させるために炭水化物が少ない食生活を続けていると、ケトンという代謝産物が体でできるようになります。人によっては、ケトンがふえると不整脈やイライラ感の原因になることがあります。

 

まめに水分を摂取してケトンを外に排出することが、炭水化物ダイエットでは重要になります。炭水化物は脳の栄養素となるものですので、摂取量を減らして極端にカットした場合、脳の動きが鈍くなることもあります。また、炭水化物ダイエットをしている間は、肝臓で糖をつくる機能をよく使うため肝機能に影響が出ることがあります。また、血液は酸性に偏りがちになります。炭水化物の欠乏が原因で呼吸困難に陥る人や、こん睡状態、失神状態になってしまう人もいるようです。

 

コレステロールが高い傾向がある日本人は、炭水化物ダイエットのリスクが高いという見立てもあります。肉をふやし、炭水化物を減らすことが想定されているためです。炭水化物ダイエットはアメリカの食習慣を前提としており、日本の食事では全く条件が異なってしまうという主張もあります。炭水化物ダイエットは、ダイエット効果が出るのが早い分、リスクも伴うようです。自分の体質に合っているのかどうかを見極めることが、炭水化物ダイエットに取り組むポイントだと言えます。

 

 

 

コメントは受け付けていません。